旧神谷伝兵衛稲毛別荘の公開

日本の「ワイン王」の異名をとる明治の実業家・神谷伝兵衛の別荘として大正7年に建てられた洋館です。国の登録有形文化財に指定されています。

企画展

千葉ゆかりの作家や、地域の歴史を伝える企画展を行っています。

講座・ワークショップ

様々な年代の方が参加できるワークショップや、専門的な講座を開催。

地域連携イベント

地域の商店街や近隣学校等と連携したイベントを行っています。

ロビー展

地域の優れた作家をはじめ当館主催講座の成果展等を開催。

市民の展覧会

市民サークルの展示や個展が週毎に開催されています。

展示室・制作室の貸出

3つの展示室と3つの制作室の貸出を行っています。

【諸室 定員制限の緩和について
・千葉市においては6月10日現在で、現在実施している諸室の制限について緩和をしていく方針が示されました。諸室の使用については定員まで使用が可能ですが、各種ガイドラインや利用者同士の社会的距離を保てる範囲での収容率としています。
・当館においても諸室の人数について緩和の方向で検討をし、目安としての人数を下記のようにい
たしました。
※利用の仕方や活動の内容によっては変動するため人数に幅を持たせてあります。
※人数についてご確認したい場合は問い合わせ先(043-248-8723)までご連絡ください。
 
制作室
第1制作室  8~10人
第2制作室 15~18人 
(さらに活動の内容によっては、人数を増やすことは可能。相談可)
第3制作室  8~10人

 
展示室
個々に見に来られる場合は特に制限は設けませんが、団体で見学に来られる場合は団体の人数(25人を目安に)によっては、2グループに分かれて時間差で観覧していただく等の方法をとっていただく場合があります。
 
旧神谷伝兵衛稲毛別荘
10人という人数制限を緩和し、20人といたします。ひとつの階に人がかたよらないようにし、さらに意識して人と人との間隔をあけて見学してください。また、20人を超える団体で見学に来られる場合は2~3グループに分かれて時間差で見学していただく等の方法をとっていただく場合があります。

ご利用者の皆様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。
【新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い】
千葉市民ギャラリー・いなげおよび旧神谷伝兵衛稲毛別荘は当面の間、下記の通り感染防止のための対策を実施いたします。ご来場を予定されている皆様には下記の項目をお守りくださるようご協力お願いいたします。

「37.5℃以上の発熱があった」「咳・咽頭痛などの風邪症状がある」「過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある」いずれかに該当する方は来場を自粛いただくいようお願いいたします。
来館時は咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒をお願いいたします。
施設管内では人との接触を避けるため、来場された方同士の間に最低1m、可能であれば2mの距離を確保願います。(特に制作室・展示室をご利用の方は室内が3密状態とならないよう十分ご注意願います。)
④旧神谷伝兵衛稲毛別荘については、室内が大変狭いことから、密集を避けるために入場制限を設けています(20人まで)。そのため、館外でお待ちいただく場合がございます旨ご了承下さい。