コロナウイルス感染拡大の防止に伴い、事業の延期や内容の変更等が出る可能性があります。


第52回 世界児童画展 千葉県展

会期:2022年8月2日(火)~7日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
入場料:無料

「世界児童画展」の優秀作品と千葉県内の入賞以上の作品約250点を展示します。千葉市内からは小学校・中学校あわせて21校の作品が選ばれ会場に展示されます。

千葉市中学校美術部展

会期:2022年8月10日(水)~21日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:15日(月)
入場料:無料

千葉市内の約20校の中学校美術部が参加する展覧会です。若い新鮮な創造力をご覧ください。

夜灯特別夜間公開

会期:2022年11月(稲毛あかり祭「夜灯」期間中実施)予定
入場料:無料

稲毛あかり祭「夜灯」の夜、20時まで庭園を開放し、秋休み子ども美術講座の作品や、地域の小学生が作成した灯ろうを展示します。

第6回いなげ八景水彩画コンクール展

第5回 特別賞受賞作品(一般部門)

市 長 賞
佐藤節子《根あがりの松》

理 事 長 賞
中村真由《初 秋》

稲 毛 賞
内藤寛司《漁を終えて(一ノ鳥居)》

第5回 特別賞受賞作品(小学生・中学生部門)

市 長 賞
足達佐和子《樹》

理 事 長 賞
杉浦日向子《秋のギャラリー》

稲 毛 賞
辰野佳澄《 間(はざま)》

会期:2022年11月12日(土)~27日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:14日(月)、21日(月)
入場料:無料

千葉市民ギャラリー・いなげの位置する稲毛地域には、旧神谷伝兵衛稲毛別荘をはじめ、かつて海辺の保養地であった頃の歴史や文化が多く残されています。当館ではこうした記憶を発掘し、街の魅力を発信していくために、地域の方々と共に「いなげ八景」を選定しました。いなげ八景の選定にちなみ、広く公募した水彩画の作品から入選作品を展示します。

ギャラリー・いなげ 新春展

会期:2023年1月4日(水)~15日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:10日(火)
入場料:無料

当ギャラリーを拠点に活動する地域の優れた作家による小品展。多様なジャンルの作品を展示します。

近隣学校児童生徒作品展

会期:2023年2月2日(木)~19日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:6日(月)、13日(月)
入場料:無料

近隣学校に通う児童生徒の日ごろの学習成果を作品として発表する作品展です。

創造海岸いなげ 展

《Pepper LaBeija》林美蘭

《Veiled chameleon》ヨシミツ

《野 no.2》木内あかり

会期:2023年2月2日(木)~19日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:6日(月)、13日(日)
入場料:無料

様々なジャンルにおいて活躍する千葉ゆかりの作家3名による作品展。今年度は林美蘭さん(絵画)、ヨシミツさん(彫刻)、木内あかりさん(銅版画)を紹介します。

色であそぼう〇〇どうぶつ成果展

会期:2023年3月7日(火)~19日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:13日(月)
入場料:無料

ギャラリー・いなげ 、小中台公民館、幕張公民館の3館合同でワークショップ「色であそぼう〇〇どうぶつ」の成果展を行います。

【終了】千葉ゆかりの作家展 土門大士「或る風景」

《太陽の国II》土門大士

会期:2022年6月8日(水)~26日(日)  9:00~17:15(最終日は15:00まで)
休館日:13日(月)・20日(月)
入場料:無料

千葉在住の土門大士さんの作品展。土門さんは、日々心の中に現れる風景や感情を、色鉛筆が動くままに絵画で表現しています。第18回千葉市芸術文化新人賞を受賞している新進気鋭の作家です。